So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラフト・パート2 [2006年シーズン]

みんなが聞きたそうだから、俺がなぜ千葉ロッテマリーンズを逆指名したか書こう。

まず最初に逆指名とは?(今は自由獲得枠、良い方が違うだけで内容は一緒)チームと選手が相思相愛ならば成り立つ権利。片思いではこの権利は成り立たない、両思いだから成り立つのだ。いくら行きたい球団があっても、球団側が獲得の意思が無ければ逆指名は出来ない。

だから俺自身も12球団何処でも好きな球団に行けたわけじゃないし、12球団の中からロッテを選らんんだわけじゃない。(好きな球団どこにでも入れるのだったら、ドラフト会議なんていらない。存在意義すらない。)

俺のことを上位2位までに獲得の意思がある球団の中から選んだわけだ。それが何球団あったかは、いまさら言う事じゃないので答えないが。

さぁ本題、なぜ千葉ロッテマリーンズを逆指名したか?

それは率直に「捕手レギュラーとして出れる可能性が1番高かったから」が1番の理由だ。球団からの評価だ高かったのも1つ。プロに入っただけで満足なら好きな球団に行くのが1番良いだろう。しかし俺の目標はプロの世界で活躍して、夢や希望を与えられるような選手になる事。

その当時、キャッチャーは各球団凄い選手がたくさんいた。L・伊東さん、H・城島、YB・タニシゲさん、D・中村さん、C・西山さん、G・村田真さん、YS・古田さん、他にも多くの名プレイヤーがいた。考え方は色々あるだろうけど、俺の考えはチームどうのこうのより自分が試合に出てなんぼ。そのためにロッテを選んだのだ。

俺が入団する前年はロッテが18連敗した年。ロッテのイメージは正直弱いとしかなかった。でも入れば都だよね、入団してからマリーンズのいいところが日々わかっていった。今はマリーンズの一員である事に誇りを持っている。

千葉ロッテマリーンズがあるからこそ「里崎智也」は存在する。

これが逆指名した理由。たぶんみんなが想像した答えとは全然違うだろうけどね。ガッカリしたかな??

 

 

 


2006-09-29 00:57  nice!(54)  トラックバック(19) 

nice! 54

トラックバック 19

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。