So-net無料ブログ作成

ドラフト!! [2006年シーズン]

毎年ドラフトは色んな問題がおきるね。

そもそもドラフト会議とは何なのか??

俺が客観的に考えて、各チームが平等に有望なアマチア選手を獲得する権利を、どのチームか決めるために行われる会議の事だよね。

現時点では、高校生にはチームを選ぶ選択の自由は無い。大学、社会人にのみ(今は各チーム1人までかな?)相思相愛ならばチームを選ぶ権利がもらえる。まぁこれが大まかなシステムだよね。

今回我がチームが1位で交渉権を獲得した大嶺君の事で話題になってるね。本人はソフトバンクに入団したかったらしいが、交渉権はロッテにくじ引きで決まった。現時点で高校生にチーム選択の権利が無い以上、何処の球団が指名しても問題は無い。だからロッテが高校生で1番有望と判断し大嶺君を指名したのは、何も問題がないことっていうか当然の結果。

ロッテに入団してくれれば俺も非常に嬉しいが、あとは本人が決める事。どういう結果になっても本人自身が決めた選択に周りがどうのこうの言う事ではない。同じチームメイトになれば実力が最大限生かせるようにキャッチャーとしてサポートしていくのみ。同じチームで正直150キロを超える球を受けてみたいけどね。

ちなみに俺のドラフトの時の話。

もう俺はロッテを逆指名してたからドラフト前に入団は決まってたわけで、ドラフト当日はドキドキする事も無く、学校の一室でマスコミの前で座ってテレビ見てただけだった。まぁでも自分がドラフトで名前を呼ばれるのは嬉しかったけどね。でもそんな事よりも俺は松坂世代と同じドラフトだから、大輔が何処の球団に指名権が行くのかのほうがドキドキしながら見てた。

1999年のドラフトで指名された同期は今結構1軍で頑張ってる選手多いんだよ。

ロッテは、里崎・小林雅。Lは松坂・赤田。Gは上原さん・二岡。Fは森本。Tは藤川・福原。Dは英智。Cは新井・東出。YBは金城・古木。、他にもいるけど大まかにはこんな感じ。今ふと思ったけど同期でチーム出来るね。しかもかなりいいんじゃない。

1999年同期チーム。

  1. 森本(F) レフト          先発 松坂(L)
  2. 赤田(L) D・H              上原(G)
  3. 二岡(G) ショート             福原(T)
  4. 新井(C) サード         
  5. 里崎(M) キャッチャー     中継ぎ 藤川(T)
  6. 金城(YB) ライト
  7. 古木(YB) ファースト       抑え 小林雅(M)
  8. 英智(D) センター
  9. 東出(C) セカンド

こんな感じになりました。


2006-09-28 02:34  nice!(59)  トラックバック(34) 

nice! 59

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。